FC2ブログ

2016.06.02 (Thu)

第60回国鉄のうたごえ祭典in東京ニュース

皆さま
おはようございます。
国鉄祭典実行委員会から、ニュースが届きましたのでお知らせ致します。

http://blog-imgs-96.fc2.com/1/9/8/1987kokutetumusic/20160602092321ec4.xml

国鉄祭典も、団のコンサートも8月で、これから大忙しですが、全員で頑張りましょう
スポンサーサイト



09:29  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.10 (Tue)

日程についてのお知らせ☆

団員の皆様
日程についてつお知らせがあります。

 4月のレッスン日程をUPしましたのでご確認下さい
 3月27日のレッスンは中止です
   戸梶さんのリサイタルへぜひ足をお運び下さい
 3月21日(土・祝)は団総会です。
   13時からです
   団の方針等を決定する大切な総会ですので、全団員の参加で
   成功させましょう
   やむを得ず欠席される方は、18日(水)までに書記長宛に
   委任状を提出して下さい   
14:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.26 (Fri)

日本のうたごえ祭典~PART3

団員のKちゃんから、みやぎ祭典の報告が届きました~

<復興を希う音楽会>
仙台で日本のうたごえ祭典をおこなうことが20年来の夢だったと言う
うたごえ運動の先輩たちと、震災からの3年を乗り越えて来た人達、
被災地に思いを寄せる全国の仲間たちの心がひとつになって、うた
ごえ史上に残るであろう、すばらしい祭典となりました。
 23日の音楽会は3部構成で、中でもすばらしかったのは第1部の
東北の皆さんによるステージでした。
「大漁うたいこみ」の後ろにはためく大漁旗には、震災に負けないぞ
という力強さを感じました。
多くの人が避難し津波を見つめていた石巻日和山の木から作られた
コカリナの静かな美しい音色。
山元町の皆さんを中心に歌う「この町で」からは、歌詞にある「もう一度
歩き始めよう。この町が大好きだから」という思いが溢れて来ました。
でも、舞台転換のきっかけの防災のサイレンの音が鳴り響いたとき、
津波を映像でしか見ていない私でさえ、心が苦しくなりました。
続く福島の皆さんのステージでは、原発事故の影響で町の復興のめどが
立たない厳しさが訴えられました。
そして最後は、東北以外の歌い手も加わった「希望のうた」。「さあうたおう
涙のまま」と優しく包み込むような呼びかけから始まり、「さあうたおう、
ひとみあげて」「明日へ」と心ひとつに歌い上げました。
 東京合唱団は、第3部の「スクラム広げて」からエンディングまでの演奏に
加わりました。
会場いっぱいに繰り広げられた「すずめ踊り」をステージから堪能した後、
来年の開催地、愛知の仲間と共に「ビリーブ」で音楽会を締めくくりました。
10:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.12 (Tue)

レッスン日変更のお知らせ♪

団員の皆様

レッスン変更のお知らせです
メールでも連絡されていると思いますが・・・
8月22日(金)8月15日(金)に変更します。
また、8月16日は『安藤ファミリーチャリティコンサート』
のレッスンを行います
是非ご参加ください
15:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.26 (Wed)

訃報

悲しいお知らせです。

清水利子さんが、22日未明に脳出血のためお亡くなりになりました。
突然の悲報・・・今でも信じられません。

【お通夜】3月29日(土)18:00より
【告別式】3月30日(日)11:00~12:00
【式 場】きわだ斎場
     国分寺駅北口徒歩10分
      喪主は、ご主人の「岡田裕志」様です。



≪清水利子さんと国鉄東京合唱団≫

団集合

鹿児島祭典~桜島をバックに。

文京区労協旗開き1


出版記念 演奏1

あちこち演奏にも出掛けました。


軌跡5

コンサートでの清水さん。
プログラム作成や裏方でも活躍してくれました。


九州のうたごえ祭典in宮崎

九州のうたごえ祭典・・宮崎まで来てくれました。


青島

宮崎では青島へ観光に出掛けました。

誰よりも、このブログを良く見てくれていた清水さん。
誤字脱字、文章のおかしなところを指摘してくれていました。
清水さんが読んでくれているから、安心してUP出来ていました。
1000カウントを突破した時は、二人で赤坂でお祝いもしました。
とてもとても大切な女性でした。
とてもとても残念です。
13:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT