FC2ブログ

2014.04.23 (Wed)

響aiコンサート~PART2 被災地訪問

響aiコンサート翌日は、バスで被災地を案内して頂きました。
私たち、大阪、仙台、福島、東京の国鉄合唱団のバスは、
甚大な被害のあった、請地漁港の志賀カツアキさんのガイド
で飯舘村~浪江町を廻りました。
今回、志賀さんのご尽力で、許可証が無ければ入れない地域まで
行く事ができました。

志賀 カツアキ氏
<志賀カツアキさん>


車窓からまず目に飛び込んできたのはこの風景。
除染作業中という旗が道路の両側び果てしなくはためいていました。
そこは削られた地面と黒い専用袋に入れられ積まれたり、青いシートが
被せられた汚染された土と、がれきの山でした。


除染ー1
<除染作業中の土地>

除染ー2
<黒い袋の中は汚染された土>



さらに海のほうへ進むと、津波の被害がそのままに。
海から打ち上げられた船がいたるところにありました。
3年も経つのに、波が引いて水が引いたままの姿でした。

福島 津波被害船
<津波で打ち上げられ放置されたままの船>


請地漁協
<ガイドの志賀さんも所属していた請地漁協の建物>


請戸漁協のすぐ近くに、全校児童数83人の請地小学校がありました。
この小学校は、津波発生時の先生方の判断で、小学校から1km余り離れた丘に
全校生徒を非難させた事で、全員無事だったそうです。
学校の二階から、非難した丘を見た時、どんな思いでここを走ったのだろう?
先生や、小さい1年生から6年生までの子供たちが、迫る津波に追われながら
励ましあい、支えあってここを走ったのかと思うと、胸が締め付けられました。

請戸小 全景
<請戸小学校の全景>


小学校の時計は、被災した時間で全て止まっていました。

請地小 時計
<教室の時計>

音楽室の黒板は、学校を訪れた方からのメッセージであふれていました。

請地小 黒板と時計
<音楽室>


福島第一原発事故により、被曝して売り物にならなくなった牛たち。
そして家畜の殺処分を命じられた畜産農家。
そんな中、自らの被曝を顧みず守り続ける『浪江町・希望の牧場』
3年経った今、ここの牛たちには、白い斑点が出ている牛があるそうです。
被曝が原因なのか・・・
原発事故の生き証人の牛たちは、汚染された牧草を食んでいました。
代表者の吉沢さんは、全国に募金の訴えや講演に廻り、牧場の維持費に
充てているそうです。
この日も長野へ訴えに行かれているとの事でした。

希望の牧場
<浪江町・希望の牧場>


浪江町から見える『福島第一原発』
奥の方に薄く3本の鉄柱が見えるのが解るでしょうか?
地震と津波だけなら、帰れない故郷にはならなかったのに・・・

             この辺りに鉄柱が・・ 
福島第一原発
<奥に・・福島第一原発>

浪江町は、現在も人が住めない町で、信号の点滅と草の生えた道路・・
それとは対照的に、あちこちの家の跡や庭先に美しい花が供えてありました。
一時帰宅で帰って来られた方が供えたであろう花が、ここに普通の暮らしが
あったことを語っていました。
被災された方の手記に
この原発事故は、私たちの過去を奪い、またこれからの将来も決めさせてくれない。
行く先の決まらない生活がまだまだ続く。

とありました。
未来への希望を持てないと言うことは、どう言う事なのか?
それは、全ての生き甲斐を奪われるということ?
現に「生きすぎた、おれはここから出たくない」と自死した102歳のお年寄りや
「さようなら 私はお墓に非難します」と命を絶った93歳の女性。
不条理な死が絶えないといいます。

ガイドの志賀さんは、同じ地域でも被害の度合いで補償の金額に差があり、
住民間で溝が出来る事態が発生している。
と国や東京電力の対応に憤りを露わにしていました。

今回の福島でのコンサートには、地元の中学生や高校生、大学生も出演していました。
あの美しい歌声のその奥に、こんな現実があることに胸が痛みます。
原発ゼロの実現のために、皆が立ち上がらなければならないと痛感しました。


スポンサーサイト



11:29  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.21 (Mon)

響aiコンサート~PART1♪

4月19日(土)福島市音楽堂で『響aiコンサート』が
開催されました

このコンサートは昨年南相馬を訪れた大阪の女声コーラス「レガーテ」
の呼び掛けて企画されました。

「遠く離れて暮らしている私たちには被災地の皆様の本当の心はわからない
と思います。でも、被災地のことを知ること、皆様の心に寄り添いたいと
願うこと、自分達に出来ることを考え行動することはできます。一人一人の
力は小さいですが合わせれば何かができるのではないかと思います。」
     ~実行委員会の挨拶より~



「福島県といえば合唱王国」
地元の合唱団のほかに、宮城、東京、大阪からも出演、私たち国鉄東京合唱団
も国鉄合同(大阪・仙台・福島・東京)で4曲演奏させていただきました

写真は、フィナーレの『響aiコンサート合同合唱団』の演奏です


響aiコンサート

コンサート翌日は、被災地を案内して頂きました。
そのご報告は、明日・・・
11:55  |  日記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.17 (Thu)

コンサート情報♪

寺山修司の世界

国鉄東京合唱団の音楽指導をして頂いている
鶴岡恵さんが出演されるコンサートです

○6月3日(火)15時開演(14時半開場)
○サルビアホール 音楽ホール(JR鶴見駅、京急鶴見駅から徒歩1分)
○全席自由2500円(ご夫婦ペアチケット 4000円)

皆様、是非お越しください
09:50  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.08 (Tue)

国鉄のうたごえ 全国総会♪

4月5日~6日、大阪の国労会館で『国鉄のうたごえ全国総会』が行われました
国鉄東京合唱団からも4名が出席し、全国の活動に学びました

総会に先立ち、国労西日本本部執行委員長の田中守さんの記念講演があり、
現在の組合の活動や、JRの状況が熱く語られました。

総会では、各地域からの発言の前に、議長より「腹にあるものを全部吐き出して
帰って下さい」との言葉があり、その言葉通り自慢話あり、苦労話あり、悩みも
ありと本音が語られた総会だったと思います。

今回は、北海道の皆さんの参加はありませんでしたが、総会にあたり会議が持たれ
たとの事で、その内容が『意見書』として提出されていました
北海道から出された意見書は、内容の深いもので、議論しなければならない内容だと
思いました。
本部事務局で議論して回答するとの事でした。


またレッスンの時にでも、参加した4人の感じたことを団員の皆様にお伝えしたいと
思います。

2014国うた総会 大阪


総会に続いて、今年の国鉄祭典の実行委員会がありました。
音楽監督の高田龍二さんから、祭典の案が説明され、曲目についての意見を求められました。
全国の力で素晴らしい祭典にしていきたいですね


総会終了後、隣駅の桜ノ宮へ足を伸ばし、しばしお花見をしました


桜ノ宮公園

桜ノ宮公園の桜です~
11:38  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |