FC2ブログ

2015.11.27 (Fri)

日本のうたごえ祭典in愛知 PART2

日本のうたごえ祭典in愛知の合唱発表会の全入賞団体が発表されました
詳細はこちらです

日本のうたごえ愛知祭典

職場の部は国鉄から4団体入賞し、プラス、岡山『じれん』の伴奏者前田さんへ“きらり賞”が贈られました
いつも素晴らしいアコーディオンで私たちの歌を後押しして下さっている前田さんの受賞は私たちにとっても嬉しい受賞です

一般Aでは、我が団のbassゴンちゃんも参加した中央合唱団が銅賞に、一般Bでは、同じく我が団のtennor古賀ちゃんも活躍している三多摩青年合唱団が金賞に輝きました
一年間の頑張りが、こうして実を結ぶことが何より嬉しいですね。
合発終了後に、会場のロビーでパチリ

愛知祭典集合写真
スポンサーサイト



16:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.25 (Wed)

訃報

悲しいお知らせです
11月17日に国鉄長野うたう会の肥田雅宏さんがお亡くなりになりました。
告別式に参列した弓田書記長よりの報告です。

元国鉄長野うたう会・長野合唱団の肥田雅宏くんが、17日未明に都内の病院で亡くなられました。死因は腸の癌ということですが、詳しくは分かりません。

素晴らしいバリトンの持ち主であった肥田くんは、国鉄のうたごえになくてはならない存在でありました。

長野の冬季オリンピックでソロデビューしてからはオペラにも挑戦し、期待されていた存在でありました。

しかし、病に勝つことは叶いませんでした。

篠ノ井の松代大本営跡近くにあるセレモニーホールには、在りし日の肥田くんの歌声が哀しくも響いていました。

焼香の前には、在りし日の人生をまとめたビデオが上映されました。

   肥田さん想い出      

親族の方、知人友人、職場関係、うたごえ関係から200名を憂に越える参列者に見送られ、55年という短い人生に幕を下ろしました。

   肥田さん永遠に

突然の死を受け入れられないでいる奥さんと息子たち…読経の間も泣き崩れていた姿に、参列者のあちこちからもらい泣きが聞こえていました。

 肥田さん祭壇   肥田さん参列者

こればかりは仕方ありませんが、ほんとうに残念でなりません。

合掌…

国鉄東京合唱団より、弔電を送りました。

09:53  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.24 (Tue)

日本のうたごえ祭典♪

11月21日~23日の三日間にわたり開催された『日本のうたごえ祭典in愛知』
この日を目指して頑張ってきた沢山のうたごえの仲間たちと今年も出会う事ができました
音楽会や、もろもろの感想は後日・・・として、気になる合発の結果をお知らせ致します
さんが、会場に貼りだされていた結果をメールで送ってくれたので、そのままの姿をご覧ください

【職場の部】
日うた職場結果


【小編成の部】
日うた小編成結果


赤下線はワタクシめが引かせて頂きました
『国鉄東京合唱団』『国鉄東京合唱団ぴゅあ2』ともに銅賞でした


09:49  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.18 (Wed)

東京れぽおと★

東京のうたごえより『東京れぽおと』が届きました


戦争法廃止を求める総がかり行動・集合場所変更のお知らせ

戦争法制(安保法制)の廃止を求める毎月19日の国会包囲行動、前号でお知らせした集合場所が変更になります。外山靖雄事務局次長が責任者としてうたごえの旗を持って参加いたします。ぜひみなさまお誘い合わせのうえ、ご参加をお願いいたします。
11月19日(木)、18:00集合
国会正門を正面に見て右側の歩道(金曜日行動の「希望のエリア」付近です)

「ノーパサラン」「戦争はもういやだ」「民衆の歌」など、歌詞も用意して歌います。

ロックアウト解雇許すな!日本IBM本社前行動に連帯のうたごえを!!

12/3(木)に取り組まれる全労連・東京地評争議支援総行動の昼メイン(12:25~12:50)として 日本IBM 本社前行動に各コースからの参加者500名近くが集結します。
この行動に、前回の総行動に引き続き社前行動前(12:10~12:25予定)にてIBM支援歌を含めた演奏での支援を !と、IBM ロックアウト解雇撤回原告団の皆さんよりお声かけをいただきました!
「私はここに立つ」作者の橋本のぶよさんも参加予定です。
争議の現状として、ロックアウト解雇の前段とも言える賃金減額争議についての地裁判決日を12/25 (金)に迎えること、そして年末にはまた大きなリストラ攻撃が予想されています。そのため今回も会社に対する抗議に、うたごえが期待されています!!
昼間の行動になりますが、ぜひ参加を呼びかけあってください!
12月3日(木)12:00 日本IBM 本社前集合(半蔵門線水天宮前駅2番出口徒歩3分)
「私はここに立つ」「闘うわれら」「I’LL Be」など、歌詞も用意して歌います。

JAL不当解雇撤回を求める都内一斉宣伝、11月は30日です。

JALが不当解雇を強行した2010年12月29日に合わせて、毎月29日、JAL不当解雇撤回を求める原告団による都内一斉宣伝行動が取り組まれ続けています。
11月は、29日が日曜日にあたるため、翌日の11月30日(月)に行われます。ぜひ皆さんの参加をよろしくお願いいたします。
11月30日(月)18:00~19:00
立川駅前、高田馬場駅前、池袋駅 五差路、錦糸町駅 北口、品川駅 港南口
★有楽町駅マリオン前は18:30~19:30に行われます。
JAL支援フリーマーケットも取り組まれています。
争議支援のフリーマーケットも取り組まれています。
商品提供もできるとのことで、期日は迫っていますが、できる範囲でご協力ください。
11月29日(日)10:00~16:00 品川インターシティ(品川駅港南口徒歩2分)
《商品提供のお願い》*品物は冬物衣類(新品又は洗濯済みのもの)・新しいタオル・新しいシーツ・
スカーフ・アクセサリー・バッグ・CD/DVD(音切れ、傷などがないもの)
洋食器・クリスマス用品など
*送り先・問い合わせ
〒144-0043
東京都大田区羽田5-11-4 フェニックスビル1F 原告団気付 支援する会(CA)
*品物は日時指定で 11月/24(火)、25(水)、26(木)、 27(金)
午後12時~16時(当番が交代で受け取り作業をします。日時をお守りください)
*品物と送料はカンパとさせて頂きますことをご了承ください。
フリマ会場は下の階いちばん品川寄りブースとのことです。
皆さんからのれぽぉと、行動情報お待ちしてます!!
09:44  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.17 (Tue)

レッスン日程♪

団員の皆様へ

12月のレッスン日程をUPしましたので
ご確認ください
09:31  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.11 (Wed)

日本のうたごえ祭典♪

団員の皆様へ

日本のうたごえ祭典の合発の演奏順が確定しました
詳細はこちらをクリックしてご覧ください 
 
  
♪日本のうたごえ愛知祭典♪


☆当日の集合時間
 ♪ぴゅあ2 の皆さん・・・10:00
 ♪本団のみの皆さん・・・12:00
いずれも会場ロビーにお集まり下さい

職場の部も小編成の部も同じ会場で良かったですね
15:48  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.06 (Fri)

生保9条の会 結成10執念記念講演☆

10月31日に生保9条の会結成10周年記念講演会で演奏してきました
この演奏依頼は、以前、高島平での国鉄東京合唱団の演奏を聴いた方からの是非に
とのご推薦で実現したそうです。
会場は、水道橋の水道会館ホール。

生保9条の会タペストリー   生保9条の会 開会あいさつ

少し早めに到着したのですが、開場はすでに満員状態で、世話人の方が「国鉄の皆さんのお席を用意していたのですが、席が足りなくなってしまいました」と恐縮するほどの熱気でした。
会は、世話人代表の久保木清三さんの挨拶に続き、朗読会の5人の女性による絵本「大人になれなかった弟たち」の朗読

生保9条の会 朗読 

太平洋戦争で幼い弟を亡くした少年の物語です。
少年が小学校4年生のとき、戦争の真っ最中に弟が生まれ、ヒロユキと名づけられました
当時は食べ物がじゅうぶんにないため、お母さんのお乳も出なくなってしまいました。
 ヒロユキの食べ物は、ときどき配給される一缶のミルクだけでした
甘いものなど何もない時代、弟のミルクは育ち盛りでお腹がすいてたまらない少年にとって、あまりにも魅力的でした。
弟にはミルクしかないのだとわかっていても、ついつい少年はそれを盗み飲みしてしまいます。
 戦争に行って行方知れずの父親。
わずかな食べ物を子どもたちに与えすぎたため、自分の母乳が出なくなった母親。
そして唯一の食べ物であるミルクを兄に奪われた弟は栄養失調で亡くなります。
そのため、少年は一生消えることのない悲しみと罪の意識を背負って生きてゆくのです。
この少年とは、俳優の米倉斉加年さん、この絵本の作者です。物語は、すべて実話だそうです。
栄養失調で亡くなったヒロユキを棺に入れる時、用意した棺が小さすぎてヒロユキの亡骸が納まらなかったのを見て、今まで涙を見せなかった母親が「ヒロユキも大きくなっていたんだね」と泣いたシーンでは私も涙をこらえる事が出来ませんでした。
 米倉さんは「あとがき」に、「戦争ではたくさんの人たちが死にます。そして老人、女、子どもと弱い人間から飢えて死にます。私はそのことを忘れません」と書いています。

素晴らしい朗読に続いて、国鉄東京合唱団の演奏
挨拶代わりに「みんな元気か」を元気に歌って開幕
続いて、9条の会ではやっぱりこれでしょう!と「憲法9条五月晴れ」
そして、ヒロシマ・ナガサキを繰り返してはならないと「リメンバー」を歌いました
そして、男声合唱で「微笑みの為に」「よこはまたそがれ」「俺のハンマー」
最後に「人間のうた」と25分間の演奏でした。

生保9条の会 国鉄演奏1    生保9条の会 国鉄演奏2

1曲1曲に大きな拍手を頂き、演奏後の休憩時間には、参加されていた皆さんが次々と駆け寄ってきて「素晴らしい!」「感動しました!」「時間があったら、アンコールしたかったのに、時間が無いと言われて諦めました。もっと聞きたい!」と握手を求めて来てくださいました。


そして記念講演は、琉球新報社東京報道部長の島洋子さん。
・沖縄で今何が起こっているか
・オール沖縄の闘い
が語られました。

生保9条の会 記念講演 

島さんは、沖縄で起きていることが、東京ではほとんど報道されていないことに驚きと怒りを感じるとおっしゃっていました。
そして、東京に来て一番言われるのが「基地は嫌だといっても、沖縄の人は基地で食っているんだろう?」「基地があるから沖縄は潤っているんだろう」と言われるが、基地によってもたらされる経済効果は、5%にすぎにないとの事です。
配られた資料によると元米軍牧港住宅地区だった那覇新都心地区は、返還前52億円だった経済効果は現在1,634億円と32倍、元米軍のバンビー飛行場のあった北谷桑江・北前地区は変換前3億円から返還後は336億円と実に108倍にもなっているそうです。
また、普天間の直接経済効果は現在120億円で、返還後は3,866億円と試算されているそうです。そして、雇用は現在の1,074人から32倍の3万4,093人、税収は14億円から32倍の430億円となるのだそうです。
こうして数字で明らかにされると、沖縄がいかに無利益な基地により蹂躙されているか、改めて怒りを感じました
そして最後に、「戦争前夜に新聞は読者に真実を伝えず、戦争遂行の宣伝機関となった。沖縄も例外ではない。沖縄の新聞は戦争に深く加担したと言う負の歴史がある。『戦争のためにペンをとらない』というのが私たち新聞人にとっての教訓であり、これから先も伝え続ける当社の理念です。」と言う言葉でした。
島さんの口から語られた、琉球新報社の理念とも言うべき言葉に胸が熱くなりました。

最後に、生保9条の会10周年記念講演参加者のアピールを読み上げ採択とし、閉会しました。

生保9条の会 アピール採択

今回このような素晴らしいお話が聞けて、生保9条の会結成10周年講演会に呼んで頂いて、本当に感謝いたします
16:37  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |