FC2ブログ

2015.12.07 (Mon)

日本IBM 本社前行動

12月3日のお昼休みに、日本IBM 本社前行動に参加しました。
あいにくの雨で、参加が少ないのではと心配しましたが、いつもと変わらず沢山の参加者で本社前は多くののぼり旗と傘の花で埋め尽くされていました

IBM・12月3日・2   3IBM・12月3日・3

平日のお昼と言う事で、うたごえの参加は少なかったのですが、“私はここに立つ”を作られたシンガーソングライターの橋本のぶよさんが、うたごえからは一番乗りで来てくださっていました。
毎回、歌とギターでリードして下さる大熊さんを筆頭に5人でのうたごえでしたが、『I'llbe』『私はここに立つ』『闘うわれら』『どんとこい』を歌いました

IBM・うたごえ 

IBMの本社前行動では、うたごえをとても重視して下さっているのを強く感じます。
組合の方も、争議団の方も、知っている歌は積極的に歌って下さって、いつも私の方が励まされます

今回は時間の関係で、闘争団の発言等を聞く事が出来ませんでしたので、配布されていたビラから引用させて頂き、報告とさせて頂きます


賃金減額裁判 組合全面勝利!
賃金減額裁判の勝利内容について
2015年11月25日、賃金減額裁判において、会社は原告らの請求を全て認め、原告9名に対し裁判で請求されていた減額分の賃金および遅延損害金の全額を支払うことを明言しました。
賃金減額裁判は12月25日に判決が予定されていましたが、裁判の経過から会社の敗訴が確実視される中、判決によって会社の賃金減額制度の違法性や非人道性を厳しく指弾されることを恐れた会社が、判決前に自らの減額措置が誤りであったことを認め、白旗を揚げたものであり、原告組合側の完全な勝利です。

会社は全ての葬儀を解決せよ!
解雇者を職場に戻せ
ロックアウト解雇1次2次裁判 3月28日判決
ロックアウト解雇裁判1次(2012年10月に3人が提訴)、2次(2013年6月に3人が提訴)は、3月~7月の長期にわたった証人尋問の後、11月16日に最終意見陳述が行われ結審しました。判決日は2016年3月28日に決まりました。
この事件の本質は、経営側の事情による整理解雇です。整理解雇法理を回避するため、業績不良、改善の見込みがないと解雇理由を偽装したのです。
会社は解雇を撤回し、職場に戻すべきです。




スポンサーサイト



16:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://1987kokutetumusic.blog.fc2.com/tb.php/327-45632cf1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |