FC2ブログ

2016.06.03 (Fri)

国鉄東京合唱団創立50周年記念連続コンサート PART1

国鉄東京合唱団創立50周年記念連続コンサートの1回目、調布市グリーンホールでのコンサートは、皆様のご協力を頂き、無事に満席での演奏となりました
今回は、写真でコンサートの様子をご覧ください

開幕演奏は『風のどなん』沖縄の曲にちなんで、かりゆしウエアで揃えました

B)50周年連続コンサート調布(かりゆし) 

第一部は~日本と世界の人々に心を寄せて~と言う事で、沖縄の『風のどなん』で開幕し、続いて国鉄が分割民営化された、1987年4月1日を歌った『春の涙』そして『凍える街に』、山ノ木竹志さんの絶筆となった『うた~春を夢見た労働者に捧げる歌』、ベトナムの英雄「グエン・バン・チョイ」を歌った『君は胸をはって』、韓国の『彼らのための行進曲』、Binさんの『友よこの道で』とMCも入れず朗々と歌い上げました

そして一部の最後は、森さんのソロで『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』
しなやかなソプラノが会場を包みました

B)50周年連続コンサート調布(森さんソロ) 


第二部は、小編成
月に一回の小編成レッスンでは、いろんな演奏に対応できるように、バラエティに富んだ曲を練習しています

その中でも実力派揃いのこのカルテット
Binさんの『無言館』をしっとりと歌い上げました


B)50周年連続コンサート調布(男声4人) 

小編成男子勢揃い
『銀色の道』『また逢う日まで』を熱唱


B)50周年連続コンサート調布(男声小編成) 

小編成は男性だけではありません。
ぴゅあ2は、『モラルハラスメントに悩む全ての女性たちへ』を歌いました
いつも、安藤先生や鶴団長がやる「セリフ」を今回は調布実行委員会の実行委員長の澤井さんが熱演してくださいました

B)50周年連続コンサート調布(ぴゅあ2) 


そして第二部の最後は男女小編成合同で『サライ』
合発では良い評価を受けられない曲ですが、私は好きなんですよね~

B)50周年連続コンサート調布(混声小編成) 

今回のコンサートのゲストは橋本のぶよさん
IBMの本社前集会ではいつも一番に来て歌の準備をして下さっている、とても尊敬できる方です。
精神と行動の伴っている方のうたは、心に響きますね

B)50周年連続コンサート調布(橋本のぶよさん) 


第三部は~止めるのは俺たち~
戦争法を止めるのは俺たち!九条守れ!
労働者の権利を守れ!
と言う事で、JALの皆さんとの競演では『高度一万メートルの千手観音』を演奏しました
指揮は、国鉄東京合唱団指導者の、鶴岡恵さんです。

 

B)50周年連続コンサート調布(JALセンター)

 

B)50周年連続コンサート調布(JALサイド) 


第三部は『人間のうた』『人間として労働者として』『俺たちの歌』等々、国鉄の歌とともにコンサートのサブタイトルにもなっている、鶴団長作曲の『止めるのは俺たち』も熱く歌いました

B)50周年連続コンサート調布(3部) 


最後の3曲は、JALの皆さんや全国から駆けつけて下さった国鉄のうたごえの皆さんも一緒に歌いました

B)50周年連続コンサート調布(ALL) 


いつも私たちを根気強く指導して下さっている、鶴岡恵先生。
作曲、アレンジ、指導と長年お世話になっている安藤由布樹先生。
無理なお願いを快く引き受けて下さる、ピアニストの菊池リカさん
今回は、団長がナッパ服をお渡ししたところ、団長の意を汲んで早速着用し、演奏に臨んで下さいました。
本当に心強い3人に私たちは助けられています

B)50周年記念連続コンサート調布(指導者ナッパーズ) 


8月には、江東区の深川江戸資料館小劇場でPART2の演奏と、国鉄の祭典も多摩であります。
皆さま、今後ともよろしくお願い致します


スポンサーサイト



11:28  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://1987kokutetumusic.blog.fc2.com/tb.php/367-39943799

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |