FC2ブログ

2017.06.16 (Fri)

『線路をつなげたい』によせて♪

国鉄の歌を聴くごとに、歌うごとに、国鉄の皆さんが、この国に暮らす人々の生活と安全を守るために、必死の思いで働いて来たのだということをひしと感じます。
「機関車の歌」や「線路をつなげたい」にあるように、使命感と愛を持って。
そして線路が繋がり、電車が走り出した時、住民がどれだけ喜んだかを、東日本大震災の後、見聞きしました。
その様子のひとつを紹介します。

私の母が石巻出身ということで、子供の頃何度か宮城に遊びに行っていました。
親戚の多くは仙石線沿線に住んでおり、仙石線にも何度も乗りました。
その仙石線が津波で破壊され、松島海岸駅から矢本駅の間が不通となりました。
線路のすぐ脇が海という場所もあったので、どうやって繋げるのだろうかと心配していましたが、2015年5月30日に開通し、初日、一番列車というわけにはいきませんでしたが、乗って来ました。

陸前小野駅側の仮設住宅で作られている「おのくん」というソックスで作った人形とともに、あおば通駅からスタート。
不通だった区間では、沿線に人が並び手を(中には大漁旗も)振り、車内からも振り返すという感動的な場面が続きました。
知り合いを見つけて、「あれ、あの人、◯◯さんでねえの?」という会話も聞こえて来ました。私も「おのくん」を掲げて、「ほら、おのくん、繋がったよ〜!」と叫んでいました。高い堤防が作られて、海が見えなくなってしまった所では、「なんだえー」という落胆の声も聞こえましたが、故郷が立ち直って行くという希望が、車内に溢れていました。

途中、おのくん」の故郷、陸前小野駅で下車して、開通記念イベントに参加。
「おのくん」の着ぐるみも出て、盛り上がっていました。
そしてまた電車に乗り石巻へ向かい、帰りは、途中で東北本線を通る新しいルート、「仙石東北ライン」に乗り、仙台に着きました。

もうひとつの不通区間、常磐線の方も復旧が進み、2月の亘理郡山元町での平和コンサートの時に、山下駅から仙台駅まで乗って来ました。
このコンサートは来年はここではなく、名取(1月21日日曜日)になりますが、いちご狩りなどにまた訪れようと思います。

地元の人はもちろん、地元では無いけれど、車の無い私にとっても、移動手段が確保されたことは、本当に嬉しいです。
採算が合わないからと路線を切り捨てるなんてとんでも無いことです。
あの時の人々の笑顔を思い浮かべながら、正しい道を突き進むみなさんと、これからも声を合わせて歌っていきたいと思っています。

☆米倉 薫☆

スポンサーサイト



10:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://1987kokutetumusic.blog.fc2.com/tb.php/453-f7213d28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |