FC2ブログ

2017.09.15 (Fri)

第61回国鉄のうたごえ祭典inえひめ~大音楽会♪

ちゃんより、大音楽会のレポートが届きました~

大音楽会は、まず坊ちゃんとマドンナに扮した2人が登場。愛媛の見どころを案内するはずが、加計学園問題で愛媛は有名になってしまい困ったもんだという話から始まりました。
最後は、ローカル線を守らなければいけない。今日来た皆さんが公共交通権のことを広めていって欲しいといった話でしめていました。
オープニングは、地元の器楽アンサンブルによる、鉄道をテーマのメドレー。
唱歌や、歌謡曲が続き、ラストは「俺は枕木」でした。続いての登場は、男声合唱「機関車の歌」「ff(フォルテシモ)」と混声合唱「明日に架ける橋」。
男声合唱は、司会者から「まだ先があるのだから叫ばないように」と釘をさされるほどの迫力ある演奏でした。
ラストの拳を挙げる所もぴたっと決まりました。
ナッパ服の間に赤シャツをちりばめた並びも、この曲には合っている感じがしました。

国うた大音3赤シャツ

その後は地元の皆さんのステージ。
「よさこいエイサー」の踊りや、年金が削られるし平和が脅かされている世の中で、でも頑張るぞと歌うシニアの皆さん。
そして地元もみなさんの合同演奏と続きました。
第1部の最後はフェニックスの皆さんの演奏の後にJAL争議団、それを支援する人たちが加わって、「翼よ高く輝け」「もう一度あの空へ」を歌いあげました。

国うた大音2

シングアウトとゲストの素敵な演奏に続く 第2部は合唱構成。
若い旅人たちと地元に生きる老人とが小さな駅のホームで出会うところから物語が始まりました。
3人の会話とナレーションと合唱で物語は進んでいきます。

国うた大音OP 

国鉄の頃にはまだ生まれていない若者たちですが、老人の話を聞くうちに、公共交通の大切さと、それが安全でなければならないことに気付いていきます。
陸だけでなく空の安全も守ろうと、JALの皆さんも加わり、最後は、会場の皆さんと一緒に歌ってのエンディングとなりました。

国うた大音1

来年の国鉄祭典は、9月22日(土)~23日(日)函館です。

🐱米倉
スポンサーサイト



16:10  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://1987kokutetumusic.blog.fc2.com/tb.php/476-4f9d635b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |