FC2ブログ

2018.05.09 (Wed)

神田時枝さん白寿を祝う会☆

今年に入り、公私ともに忙しく、団の活動をなかなかUP出来ずにいました。
これから、日時は前後しますが、少しずつご紹介していきたいと思っています。
今回は、団のレッスン会場を提供して下さっている大家さんで、女優の神田時枝さんの白寿を祝う会の報告です。


3月17日の土曜日、三浦のホテルマホロバで、神田時枝さんの白寿を祝う会が盛大に開催されました。
ご本人は、「私は死んでも葬式はやらないんだ。だから、生きているうちに『生前葬』をやってもらう」とおっしゃってこの会が開催されたのだそうです。

神田さんウエルカムボード


でも、会場にはウエルカムボードが飾られ、生前葬と言うよりは、結婚式?と思わせるような雰囲気でした。
御年99歳とは思えないご本人は、ドレスアップして花道を入場。

神田さん白寿祝(ファンファーレ)

神田さん白寿祝(入場)

労働者トランペッターの松平さんのトランペットに先導され、脇をお子様方に支えられていたとは言え、その足取りは確かなものでした。
参加者は、地元三浦にお住いの方から、神田さんが心血を注いでこられた劇団海の歴代の団員さん、俳協の役員さん、ポラーノの館を一緒に借りている劇団、池小の皆さん、そして私たち国鉄東京合唱団。
もちろん、神田さんのご家族、お子さん方とお孫さん、ひ孫さん、甥っ子、姪っ子etc・・

神田さん白寿祝(会場)

皆さんのご挨拶を聞いていると、神田さんとご主人が北池袋の現在私たちのレッスン場としてお借りしているポラーノの館で『紅屋』をやっていた頃から、現在の三浦に至るまで多くの方々をバックアップしてきた、太っ腹な人生が見えてきました。
俳協の役員さんは「現在うちに所属している最高齢女優です」と神田さんを紹介していました。
大学の教授をされていると言う甥っ子さんは、神田さんが放浪記の主役を演じるはずだった、幻の第1回の資料をご持参されて、声高らかに「私の自慢の叔母さんです」とおっしゃっていました。
神田さんファミリーは実に芸術家揃いで、お孫さんがピアノの弾き語りで会場を魅了していました。

神田さん白寿祝(お孫さん演奏) 


そして私たち国鉄東京合唱団も『俺たちのシルクロード』と『俺たちの歌』を演奏。
多くの挨拶や出しものがあったので、時間が短く2曲しか演奏できませんでしたが、会場から沢山の拍手を頂きました。
演奏後には、団より神田さんへささやかなプレゼント。
プレゼンターは、森副団長でした。

神田さん団演奏 

神田さん白寿祝(記念品贈呈)

会の最後に神田さんからの謝辞が述べられましたが、とてもしっかりと参加された方々との関係から、これまで歩んできた道の事、そしてかかわって下さった方へのお礼を述べられていました。
戦前戦後、演劇に携わるには茨の道だったようです。
特に女性が演劇を続けることはとても困難をきわめたそうです。
そんな中、信念を貫き生きてきた強さとしなやかさが神田さんの魅力なのですね。

神田さん白寿祝(謝辞)

神田さんの一番の理解者であり、毎週三浦へ神田さんのお世話に通っていらっしゃるお嬢さんで、映画監督の宮崎信江さんがこの会を企画し、兄弟や子供たち、孫たち全員で盛り上げた素晴らしい会でした。
プログラムでは神田さんのこれまでの歩みが写真とともに紹介されていました。
そして、最後の最後に全員で記念撮影をしました。

神田さん白寿祝(集合写真)

私の文章では、この感動はうまく言い表せないので、沢山の写真で少しでも会の様子が伝わる事を願って白寿のお祝いの報告とさせて頂きます。

神田さんプログラム1 

神田さんプログラム2 

神田さんプログラム3 


神田さんプログラム4 

神田さんプログラム5 

神田さんプログラム6 

神田さんプログラム7
スポンサーサイト



15:31  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://1987kokutetumusic.blog.fc2.com/tb.php/516-a97452fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |